2.火災時の安全に関すること

「火災時の安全」と一言でいっても、多様な意味が含まれます。そこで、住宅内や近隣の住宅などで火災が発生した際に、1、人命や身体が守られること。2、財産が守られることという2つの大きな目標で捉えることにしています。この2つの目標を達成するための対策としては、それぞれ、次のものが考えられます。1、人命や身体が守られること。2、出火を防止すること。3、安全に避難や脱出ができるようにすること。4、財産が守られること。5、出火を防止すること。6、外壁、床、屋根などが火に強いこと。このうち、「出火を防止する」ための対策は、火災時の安全対策の基礎となるものですが、居住者の日常の注意が大きく影響するため、住宅の性能という捉え方をすることが難しい面があり、このでは採り上げていません。
(住宅性能評価・表示協会抜粋)

感知警報装置設置等級 自住戸火災

寝室に設置(消防法レベル) 全ての寝室で火災を感知。火災が起きた場所で警報が鳴る。
寝室と台所に設置 全ての寝室と台所で火災を感知。火災が起きた場所で警報が鳴る。
居間と台所に設置 全ての居間と台所で火災を感知。火災が起きた場所で警報が鳴る。
火災警報のネットワークシステム 全ての居室(寝室のほかLDなど)と台所で火災を感知。家全体に警報が鳴り響く

耐火等級 <延焼の恐れのある部分(開口部)>

その他。 特に火を遮る措置はない。
遮炎性能20分以上。 火と熱を20分以上遮る。
遮炎性能45分以上。 火と熱を45分以上遮る。
遮炎性能60分以上 火と熱を60分以上遮る。

 

1、火災感知器の設置

消防法による設置義務により住宅火災による犠牲者を減らすために、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。性能評価においても評価基準の一つとして設けられ、森脇工務店では標準仕様に含まれております。

2、構造材としての木は火にとても強い

木が燃えやすいというのは事実です。でもそれは細い木や木屑にいえること。例えば、焚き火やバーベキューで火をおこすとき、乾燥した細い木を使用するのは一般的です。でも、太くて分厚い木は、実はそう簡単には燃えないのです。木が燃えて表面が黒く焦げてきたところを炭化層といいます。炭化層ができると熱が内部に伝わりにくくなり、さらに酸素の供給も断たれるため、なかなか燃え進みません。ある程度の厚みがある木であれば、燃え進む速さは1分間に0.6ミリほど。一般的な木造住宅で使われる柱や梁は10センチ以上の厚みがあります。たとえ30分間火にさらされても、表面から2センチ弱は焦げますが、内側のほとんどの部分は残ります。また、木は温度が上昇しても変形しづらい素材です。

【火災を感知し逃げる時間をより長く確保出来る構造となっているか】

3、火災に強い外壁サイディング

窯業系サイディングの45分準耐火構造認定


KMEW(外部サイト)

4、燃えにくい屋根

30分耐火認定


ニチハ(外部サイト)

5、優れた防火性の軒天 

30分耐火認定商品もご用意


ニチハ(外部サイト)

6、不燃材料で室内の火災による延焼を抑えます


住友林業(外部サイト)